雨雨雨

雨がやみません。

この前まで地面がカラカラで、そろそろトウモロコシに水やりしないとまずいかなぁくらいに思っていたのですが、

この雨で切り花に結構な被害が出そうです。

ビニルハウスが浸水してしまいました。幸い作業が遅れていたため、ヒマワリをまこうと思っていた2棟は作物が何も植わっておらず被害なしでした。

しかしながら、去年の秋の大雨でも浸水しなかったハウスが浸水してしまいました。

トルコギキョウを作っているハウスです。トルコギキョウは、今年の1月に種をまき最近ようやく蕾を付けたところでした。

播種から出荷まで半年かかるこの植物は、非常に繊細で栽培が難しい植物のひとつです。ちょっと水管理を間違えるだけで、茎が折れてしまったりします。

そんなハウスの中に大量の水が流れ込んできたので、当然かなり茎折れが出ます。

いろいろ忙しくて、すべてがうまく管理できていたわけではありませんが、1月から手間をかけてきた植物がダメになるのは、かなり心が折れます。

昨年秋の大雨の時点で、今ハウスがある場所は山からの水がたまりやすく、水の逃げ場がないところなので浸水しやすいことはわかっていたのですがきちんと対策ができていませんでした。対策をしなければならないことはわかっていたのですがユンボを使ったり結構お金も手間かかる作業になることが予想できていたので、今年は新しいハウス2棟を建設する方を優先しました。農業じゃなくてもそうかもしれませんが、忙しさにかまけて被害が出て初めてやっときゃよかったと思うことは多いです。やっときゃよかったとは思うけど、どう考えてもそんな余裕なかったなとも思います。もっと余裕を持った計画を立てる必要がありますが、収入のことを考えると余裕を持たせるのは怖いのです。最近、「儲かる農業」というセミナーの案内が来ましたが、儲ける前に時間に余裕があって普通の暮らしができる農業が第一目標かなと思います。

浸水したトルコギキョウのハウス。

分かりにくいですが水を吸い過ぎて茎折れしたトルコギキョウ。

トウモロコシは台風のときに結構倒れてしまいましたが、斜めになりつつも起き上がろうと頑張り、実も膨らませてくれています。

一昨日から収穫も始まり地元で販売しております。本日からBASEでも販売を受け付け始めました。

私はいろいろ凹んでいますが、植物は何があっても死ぬまであきらめず生きているなぁと感じます。

明日も雨の中、早朝からトウモロコシ収穫頑張るぞ!もう寝よ。

恒平

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

雨雨雨」への4件のフィードバック

  1. お気持ちよくわかります、私達も最初はそうでした。たくさんの作物を栽培するとその分収入も増えると思い ギリギリまで頑張って疲れていました。けど手を広げすぎるとその分経費も手間もかかり 思ったほど収入も増えませんでした。ハウスも持っておられるしきれいな花を咲かせる技術も持っておられるし メインの作物を決めてそこに集中するのはどうでしょうか、勝手なことばかり言ってすみません。

  2. 豊田恵子様

    アドバイスありがとうございます。
    大変参考になります!

    私たちも今同じようなことを考えており、やはりメインは花なのでそちらに注力していこうと考えております。冬は花をやると暖房経費がかかるので野菜をやろうと思っています。
    この3年くらいでどういったビジネスモデルで動いていていくか固めていきたいと考えています。
    作物を作るだけならまだ余裕はあると思うのですが、やはり農業となると出荷や運搬までやらなくてはいけないのでそのあたりがかなり負担になっているのが現状です。

    • 販売先は大事ですね、私達のさつま芋苗も最初は地元の小さな種苗会社に出荷していましたが、ネット販売をする様になってからは売り上げも増えて 仕事も忙しいですが楽しくなりました。遅くなりましたがいつも買って頂いて有難うございます。

      • そうなんですか。ネット販売で道が開けたんですね。
        仕事を楽しくするのは本当に大切ですよね。
        うちも仕事が楽しくなるように努力していきたいと思います。
        サツマイモ苗、こちらこそいつも立派なものを送っていただきありがとうございます。
        実は昨シーズン安納芋でほしいイモ作りまして、おいしかったので食品検査に出し、賞味期限を設定するところまで行いました。冬の間に空くハウスを干場にして有効利用するためです。今年はできればネット販売までもっていければなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です